Monthly Archives: 12月 2016

ロシアにドーピング疑惑!

ソチオリンピックでロシアが国家ぐるみでドーピングを行っていたというニュースが話題になっています。スポーツにおいてドーピングは絶対にやってはいけない行為。特にオリンピックは「人間が努力だけでその限界に挑戦する」という側面があるので、薬の力を使ってはダメなのです。公平性という点からももちろんNG。そして何より、ドーピングで使用する薬の副作用が心配です。服用時は問題なくても、将来的に体をむしばんでしまう可能性があります。色々な理由から、ドーピングはダメなのです。
そのドーピングを国家ぐるみでやっていたとなると、事態は深刻です。国際陸上競技連盟が、ロシアチームのリオオリンピック出場を禁止し、波紋が広がっています。賛否両論あるでしょうが、私の意見では仕方がないことだと思います。ドーピングは絶対ダメなのだという姿勢を国内外に示すべきです。処分がゆるすぎては、再び同じことが起こってしまいます。
この処分を受け、オリンピックに出場できなくなったロシアのエレーナ・イシンバエワ選手が自らのSNSで「偽の金メダルを取るといい」などと投稿しました。これは非常に許せない発言だと思います。イシンバエワ選手は、女子棒高跳びで何度も世界記録を更新したスーパーアスリートですが、オリンピックを侮辱するような発言はどうしても許すことが出来ません。言いたいことがあるのはわかりますが、文句を言うならドーピングを行ったロシアの選手や主導した国家幹部へ言うべきです。ドーピングの問題を棚にあげ、オリンピックを貶めるような発言をすることで、ロシア自体の評価をさらに下げてしまうと思わなかったのでしょうか。
リオオリンピックのロシア全選手の締め出しは免れたようですが、いつもと同じように、いやそれ以上に、人々を感動させるようなオリンピックになることを願ってやみません。